楽しみながら創作を 画家の森下さん 絵画教室【舞鶴】

楽しみながら創作を 画家の森下さん 絵画教室【舞鶴】

投稿日時:2012年5月18日

1205182

ヨーロッパの風景や石の建築物などを明るい色調で描く画家の森下一夫さん(63)=女布=が、自宅のアトリエで絵画教室を始める。創作活動を楽しみながら、何気ない風景の中にある魅力を見つけてもらえるようアドバイスする。  舞鶴で生まれ育った森下さんは神戸などの洋風建築や、ヨーロッパなどにもスケッチ旅行に出かけ町並みを描き続けた。スペイン・アンダルシア地方の白い壁の家々を南欧独特の空気と日差しも描いた油絵「白い家」が、画家の登竜門の現代洋画精鋭選抜展に入選し、人気画家の道を歩んだ。  大東市で子供の絵画塾を開き、作品コンクールで最優秀指導者賞も受賞。一時は約150人も教えていた。舞鶴に戻ってからも創作を続け、今年も神戸や横浜などのデパートで個展を開いた。  趣味を持ってもらい生き甲斐づくりのお手伝いをしようと、大人を対象とした油絵の絵画教室を企画した。デッサンの基礎から野外に出向きスケッチで風景画などを指導する。森下さんは「絵を描くことで何気ない風景にハッと思うことがあるのを知ってほしい。みんなで楽しく続けたい」と話す。第1、3木曜の午前9時半~同11時半。随時受け付けている。月謝は2,500円。材料費は実費。
【問い合わせ】電話75・8484、森下さん