東高出身・大阪音大院生の西村さん 全日本学生音楽コンクールで2位入賞 【舞鶴】

東高出身・大阪音大院生の西村さん 全日本学生音楽コンクールで2位入賞 【舞鶴】

投稿日時:2008年2月8日

0802081
【舞鶴】

東舞鶴高校出身で大阪音楽大大学院音楽研究科オペラ研究室1年の西村圭市さん(23)=大阪・豊中市在住=が、第61回全日本学生音楽コンクール(毎日新聞社主催)の声楽部門大学・一般の部で2位に入賞した。これを記念して、3月2日、北吸の市政記念館で「ミニリサイタル」を開く。入場無料。  西村さんは、白糸中、東舞鶴高の6年間、全日本ピアノ指導者協会指導員で高校非常勤講師の藤原眞紀子さん(55)=北吸=のピアノレッスンを受け、音楽の才能を開花させた。ミニリサイタルは、藤原さんの門下生の発表会に合わせて企画された。  藤原さんは「すごく素直な生徒で、指導しやすかった」と振り返る。また、「声もやさしく、のびがあった」ことから、音大で声楽を学ぶことを勧めた。全国コンクール2位入賞に、「よく頑張ってくれた。後輩の励みになります。将来は世界に羽ばたくオペラ歌手をめざしてほしい」と喜んでいる。  全日本学生音楽コンクールは、昨年12月4日、横浜みなとみらいホールで開催された。西村さんは大阪大会本選を通過して出場、「テノーラルな声質ながら安定した音質と高い音楽性をしめしたバリトン」と評された。  ミニリサイタルでは、音楽コンクールで歌ったG・ジョルダーノの「アンドレア・シェニエ」より「祖国の敵」など発表する。また、コンクールで3位に入賞した大阪音大大学院の1年先輩、木村眞理子さんも賛助出演して、2人で「リゴレット」より「話してごらん、2人だけで」を二重唱する。  ミニリサイタルは、藤原さんの門下生の発表会に続いて、午後4時から開かれる。

写真=西村さん

【舞鶴】