村尾さん「ふるさと見つめなおす手がかりに」 市教委にフォト歳時記30部 増刷して希望者にも販売【舞鶴】

村尾さん「ふるさと見つめなおす手がかりに」 市教委にフォト歳時記30部 増刷して希望者にも販売【舞鶴】

投稿日時:2011年12月24日

1112243
写真=フォト歳時記を見る水谷教育長(右)と村尾さん(左)

 舞鶴市丸山中町の村尾幸作さん(72)が12月21日、水谷昭教育長に、自費出版したフォト歳時記『ふるさとの光 まいづる100物語』(126ページ)30部を寄贈した。市教委では、市内小、中学校に配布して、ふるさと学習に役立てる。   村尾さんは、舞鶴の四季折々の風景写真などを撮り続けているアマチュアカメラマン。元舞鶴共済病院事務部長で、退職時に写真集を出版しており、フォト歳時記は昨年8月に古希(70歳)を記念して出版した第2写真集。  フォト歳時記は、縦24センチ、横25センチの大きさで、舞鶴の四季の風景や名所などを撮影した約200点のカラー写真を掲載している。当初1400部作成したが、残り部数がわずかとなったため150部増刷。「子供たちがふるさとを見つめなおす手がかりになればうれしい」と贈った。  水谷教育長は「子供たちにとって大切なふるさとを感じることに、この写真集を活用します」とお礼を述べた。
フォト歳時記は1部2,500円。

【問い合わせ】電話62・3439、FAX62・3272、村尾さん