本合さん(南田辺)が写真集自費出版、写真展も ふるさと舞鶴の美しい風景を再発見! 【舞鶴のニュース】

本合さん(南田辺)が写真集自費出版、写真展も ふるさと舞鶴の美しい風景を再発見! 【舞鶴のニュース】

投稿日時:2003年10月31日

0310311

舞鶴の風景写真を撮りつづけているアマチュアカメラマンの学習塾経営、本合達雄さん(70)=南田辺=が、写真集「光彩 舞鶴」(変形A4判、79ページ)を自費出版した。出版を記念して、10月31日から11月2日まで北吸の市政記念館ロビーで写真展も開催する。
 本合さんは、学生時代から写真を趣味で始め、写真歴は半世紀近くに及ぶ。30数年前に東京での会社勤めを辞め、ふるさと舞鶴にUターンした。舞鶴での素晴らしい風景に出合い、写真を撮りつづける一方、国内外にも撮影旅行に出掛けたという。
 膨大な量の写真のなかから、ここ数年に撮影したひときわ光る舞鶴の風景写真を集め、「市民の皆さんに、ふるさと舞鶴の美しさを再発見してもらおう」と、写真集を出版した。舞鶴の春夏秋冬の風景や伝統行事のほか、花や昆虫の写真70点を掲載している。
 本合さんは「舞鶴にUターンして、その美しさに目を見張る思いがしました。舞鶴を遠く離れて暮らす人たちにも、写真を見て、ふるさとを思うよすがにしてもらえれば」と話している。
 写真集は1000部作成。1冊2800円(消費税別)で、市内の書店で販売している。また、写真展の開催時間は、午前9時から午後5時(2日は正午)まで。
写真=写真集を手にする本合さん