映画「エイジアン・ブルー 浮島丸サコン」 DVD発売、追悼集会のシーンも収録 【舞鶴】 

映画「エイジアン・ブルー 浮島丸サコン」 DVD発売、追悼集会のシーンも収録 【舞鶴】 

投稿日時:2007年3月27日

0703272

 終戦直後、舞鶴湾で起きた浮島丸事件を題材にした映画「エイジアン・ブルー 浮島丸サコン」のDVDがこのほど発売された。  浮島丸事件は1945年8月24日、日本で働いていた朝鮮人労働者の家族を乗せた船が、青森県下北半島を出港し、釜山に向かう帰路に寄港した舞鶴湾内で謎の爆沈をし、549人が犠牲となった。  京都市民のグループが建都1200年を記念し、この事件を題材に映画化した。舞鶴市民も会費を募ったり、大浦半島などでロケに協力するなどした。映画では8月24日の追悼集会のシーンも収録された。映画は戦後50年の1995年に完成し、全国で上映が始まった。  97年に英国のエジンバラ芸術祭参加作品、2004年に韓国の光州国際映画祭参加作品にも選ばれた。日本だけでなく韓国や中国でも上映され、この事件が知られるきっかけも作った。それを元に05年8月には韓国と中国から研究者を招き、東アジア国際平和シンポジウムも実現できた。  DVDは1万500円。田中町の森のことび(電話64・4625)で扱っている。

写真=映画のDVD

【舞鶴】