明後日朝顔 土とアートで交流 5月30、31日 全国会議で苗植えや報告会 赤れんがパーク 5号棟2階、旧丸山小で【舞鶴】

明後日朝顔 土とアートで交流 5月30、31日 全国会議で苗植えや報告会 赤れんがパーク 5号棟2階、旧丸山小で【舞鶴】

投稿日時:2015年5月22日

15052621

1505222

アーティストの日比野克彦さん(56)が2003年に新潟県十日町市の莇平(あざみひら)で始めた、朝顔の育成を通して地域を繋げるアートプロジェクトの全国会議、「明後日朝顔会議2015in舞鶴」(torindo、市など主催)が、5月30、31日に開催される。監修の日比野さんも両日参加し、各地の情報を共有する報告会や、廃校を活用した苗植え、アートとスポーツを融合したサッカー大会などで、全国から訪れる参加地域と市民が交流する。参加無料。
 30日は北吸の赤れんがパーク5号棟で、午前10時から午後2時に、市内の子育て中の母親たちでつくる「まんま・みーあ子育て部」が子ども用品交換会を行う。午後1時半から同5時には、普段入ることができない2階が特別開放され、参加地域による活動報告などがある。2階への入場は自由。
 31日は三浜の旧丸山小学校で、午前9時から、市内に唯一残る木造校舎を活用した朝顔の苗植えとロープ張り。同11時からは、全国の参加地域が持ち寄った自慢の具材を使った「おにぎりの会」(有料)、日比野さん考案の段ボールなどでゴールやボールを手作りしてチーム対抗のミニサッカーを行う「ヒビノカップサッカー大会」が行われる。誰でも参加できる。
 「明後日朝顔08年から市が受け入れ参加している。各地で収穫された種を育成して由来を伝え継いでいくのが特徴で、苗植えの時期には毎年、希望する地域が開催地となって全国会議が開かれ、地域と人を繋いでいる。
 舞鶴では10年から3年間、同プロジェクトが発端となった、朝顔の種の形をした自走船を造船する「種は船in舞鶴」(NPO法人赤煉瓦倶楽部舞鶴、市、torindo主催)が行われ、参加した市民有志が発起人となり、昨年の水戸での会議で、今年の開催地に名乗りを上げた。30日には、舞鶴を12年に出港した自走船「TANeFUNe」の今後の活動報告も行われる。
 明後日朝顔舞鶴チームの永野篤史さん(31)は「土とアートに触れる機会を思いっきり楽しんで欲しい」と参加を呼びかけている。
【問い合わせ】電話080・2411・0790、torindo(トリンド)

写真左=31日に「ヒビノカップサッカー大会」などを開く旧丸山小で全国の苗を植える準備作業を行った明後日朝顔舞鶴チームの市民有志たち(torindo提供)
写真左=来鶴する日比野さん(ヒビノスペシャル提供)