日星高、たこ焼きパーティーで交流 カナダの姉妹校から短期留学生15人【舞鶴】

日星高、たこ焼きパーティーで交流 カナダの姉妹校から短期留学生15人【舞鶴】

投稿日時:2007年2月13日

0702131

上安久の日星高校が、カナダのセント・パトリック高校の生徒たちを短期留学で受け入れている。2月12日には、ホームステイ先の家族も来校し、たこ焼きを作ったりゲームなどをして交流した。  日星高はカナダの同高とアーチビショップ・カーニー高校と姉妹校の提携を結び、互いに2週間程度の短期留学生を交換するなど交流を続ける。今回は16、7歳の男子4人、女子11人、教諭2人が同6日に来鶴。すでに日本語の授業に参加したり、市内を観光するなどした。日星高の生徒の自宅にホームステイしている。  12日の交流会は、ホームステイを世話する母親と生徒、市内の中学生らも参加。カナダの生徒たちは本格的なたこ焼き器で器用にひっくり返してたこ焼きを作り、日星高の教諭らの作ったおでんも食べた。クリスティーノ・ラリヴィエアーさん(17)は「たこ焼きづくりは初めてで難しい。日星の生徒たちはとてもフレンドリーで楽しいです」と話し、日本語で「めっちゃおいしい!」と味わっていた。2月16日まで滞在する。

写真=たこ焼き作りをする留学生(左)と中学生たち

【舞鶴】