新成人の門出 エール贈る 赤れんがパークで式典【舞鶴】

新成人の門出 エール贈る 赤れんがパークで式典【舞鶴】

投稿日時:2016年1月15日

3820b00f24591ac4cb7b7def153c8188

舞鶴市の成人式が1月10日、北吸の赤れんがパークで行われ、華やかな振り袖や羽織り袴、スーツ姿で参加した新成人たちの門出を祝った。
 今年の新成人は1995(平成7)年4月2日から96(平成8)年4月1日生まれで、市内の対象者は昨年より44人少ない1186人(男性759人、女性427人)。この内、男性375人、女性335人の計710人(昨年704人)が同パークを訪れた。
 5号棟で行われた式典には430人(同502人)が出席し、市政記念館でも式典の様子が放映された。新成人を代表して、東舞鶴高校放送メディア部OGの植田真優さんと西舞鶴高校放送部OGの竹内さつきさんの2人が司会を務め、多々見良三市長らが祝いの言葉を贈った。
 新成人のメッセージでは、舞鶴医療センター附属看護学校生の畑尻安菜さん、市消防本部職員の荒木優香(ほのか)さん、海上保安学校生の山本浩司さんの3人が「感謝の気持ちと成人としての決意を忘れず、社会に貢献できるよう頑張ってまいります」などの決意を述べ、全員で新成人宣言を唱和した。
 また、舞鶴出身でフリースタイルフットボールの世界大会で優勝した「ALEG―Re」の2人と、日星高校チアリーディング部が式典でパフォーマンスを披露し、新成人たちにエールを贈った。

写真=5号棟で行われた式典に出席した新成人たち