新たな組織で交流活発に 早稲田大卒業生たち 同窓会「北部稲門会」発足【舞鶴】

新たな組織で交流活発に 早稲田大卒業生たち 同窓会「北部稲門会」発足【舞鶴】

投稿日時:2014年11月21日

1411212

早稲田大学の府北部在住の卒業生たちが同窓会組織「早稲田大学京都北部稲門会」を発足し、11月15日、円満寺の加寿美で設立総会と懇親会を開いた。
 舞鶴には卒業生たちで約30年前に同窓会(校友会)組織の「舞鶴稲門会」を設立、丹後地区には「丹後稲門会」があったが、ここ最近はほとんど活動をしていなかった。そのため北部の同窓会組織を整理、統合して新たな会を作り気軽に交流を図ろうと、京都北部稲門会をスタートさせた。
 この日は舞鶴、宮津、福知山などから21人が出席し、会則や役員を決めた。会長に選ばれた志摩和彦さんが「活発な会にしていきたい」とあいさつした。府北部の卒業生全体を把握していないため、掘り起こして入会を呼びかけていく。
【問い合わせ】電話75・6601、FAX75・6540、同会事務局(志摩不動産内)

写真=役員に選ばれた卒業生たち