故郷の地で都会の人に農業体験ファームセラピー 心理カウンセラーの 永野さん(舞鶴出身・伊丹市)【舞鶴】

故郷の地で都会の人に農業体験ファームセラピー 心理カウンセラーの 永野さん(舞鶴出身・伊丹市)【舞鶴】

投稿日時:2010年3月26日

1003263

 舞鶴出身の心理カウンセラーの永野達也さん(27)=伊丹市=が、都会の人たちに土に触れて心の癒しを感じてもらおうと、ファームセラピーに取り組んでいる。実家のある野村寺に通って畑を耕し、都会の生活で疲れている人たちを故郷の地で農業体験に誘っている。  西舞鶴高校出身の永野さんは大阪市などで暮らし、アパレル関係の店で店長などを務めた。そんな中、心の癒しに関心を向け、米国の心理学NLPや笑いヨガなどを学んだ。また、自然の癒しの効果に注目し、故郷の野村寺に田畑があることから、2008年に父が亡くなった後、母に教わりながら農作業を始め、昨年秋からファームセラピーを開始した。  休耕田を耕して畑にし白菜や大根などを植え、仕事の合間を縫って永野さんと妻の佳織さん、友人らのスタッフが畑の世話をしてきた。第1回の農業体験には京阪神から18人が参加した。今春からは参加しやすいように、希望を聞いて平日でも受け入れる。  永野さんは「他府県の人にも舞鶴のよさを知ってもらって癒しを感じてもらいつつ、耕作放棄地を防ぐ活動になれば。いずれは舞鶴に戻ってきたい」と話している。

写真=野菜の世話をする永野さん(左端)とスタッフら