慣れない左腕で創作 岩佐さん 陶、書、絵展示 身障者福祉センター・サロンで【舞鶴】

慣れない左腕で創作 岩佐さん 陶、書、絵展示 身障者福祉センター・サロンで【舞鶴】

投稿日時:2014年6月17日

1406175

森の岩佐松三郎さん(75)の個展が、余部下の市身体障害者福祉センター・サロンで開かれている。不自由な利き腕に代わって左腕で作った陶器や書、絵画を展示している。6月25日まで。
 西陣の帯をつくる仕事に従事していた。2003年に脳梗塞になり、右半身麻痺と言葉が不自由になった。言語障害者のグループ「この指とまれ」に入会し、仲間たちと交流するうちに作品づくりに取り組むように。
 同センターの陶芸や書、絵画教室などに通ってきた。根気強く左腕で製作に打ち込んだ。初めての個展には落款、カップ、夕暮れの風景の油絵、「ありのまま生きる」としたためた書などを出品した。
 岩佐さんは「センターに来るのが楽しみ。作品展は気恥ずかしいですが、たくさんの人に見ていただければ」と話している。午前10時~午後4時。入場無料。
【問い合わせ】電話63・3008、同センター

写真=作品と岩佐さん