想いふれ行動のきっかけにドキュメンタリー映画 美術作家の佐野さん描く9月19日 市民ら市政記念館で上映会【舞鶴】

想いふれ行動のきっかけにドキュメンタリー映画 美術作家の佐野さん描く9月19日 市民ら市政記念館で上映会【舞鶴】

投稿日時:2015年9月8日

c5085d5428ebadcad8a6b7089a07ab2c1

阪神・淡路大震災で救助され、ネパールでボランティアの美術教師を務めた佐野由美さんを撮影したドキュメンタリー映画「With…若き女性美術作家の生涯」の上映会が9月19日、北吸の赤れんがパーク2号棟(市政記念館)で開かれる。榛葉(しば)健監督の講演と交流会も行なわれる。(青木信明)
 この映画を4度観た舞鶴市倉谷の会社員、浅野幸人さん(59)が上映会を企画。同じく榛葉監督が製作した東日本大震災の被災地・南三陸町で生きる女子高生の姿を追ったドキュメンタリー映画「うたごころ」の上映会を2013年に開いた。
   主人公の佐野さんは美大生だった19歳の時、阪神・淡路大震災で自宅が全壊し瓦礫の下から助け出され、やがて被災者の支援活動を始めた。その経験を元にネパールに飛び込み、差別と貧困の中に生きる人たちを目の当たりにして悩みながら、子供たちに美術を教える日々を過ごした。
 監督の榛葉さんは毎日放送の報道記者時代、阪神・淡路大震災に関する番組を制作し、坂田記念ジャーナリズム賞を受けた。佐野さんの撮影は98年から4年間かけて行ない、完成させた。「日本賞」ユニセフ賞などを受賞し、いまも各地で自主上映会が続けられている。
 上映会は1回目が午前11時~午後1時。この後監督の講演。2回目は午後3時~同5時。同5時半から監督と交流会。浅野さんは「佐野さんを通して何かを感じて行動するきっかけになれば」と話す。収益金は4月に大地震の被害にあったネパールの子供たちの支援に役立てる。
 前売りは一般1,500円、学生・障害者1,000円。総合文化会館、市民会館などで販売中。
【問い合わせ】電話090・5643・9662、浅野さん

チケットを3人に

 主催者の協力で舞鶴市民新聞社はこの映画に3人を招待する。希望者は郵便番号、住所、氏名、電話番号、市民招待席「女性美術家」係と明記し、9月12日までに申し込みを。
 応募ははがき(あて先〒624―0905福来912―1 舞鶴市民新聞社)、FAX(77・1750)、eメール(maipress@topaz.ocn.ne.jp)で受け付けている。応募者多数の場合は抽選。チケットの発送をもって発表にかえる。

写真=映画「With…若き女性美術作家の生涯」の一場面より