応援の90人 生徒見守る 聖母の小さな学校 スポーツフェス【舞鶴】

応援の90人 生徒見守る 聖母の小さな学校 スポーツフェス【舞鶴】

投稿日時:2012年10月19日

1210192

不登校の児童・生徒のためのフリースクール「聖母の小さな学校」のスポーツフェスタ2012が10月13日、上安の同校グラウンドであった。中学2年生の2人がいまの自分の取り組むテーマを発表し、聖母を支援する市民や卒業生ら約90人が応援に駆けつけ、一緒に競技に参加した。  同校には現在、4人の生徒が在籍している。フェスタに向けて、不登校の自分に向き合い、話し合いを重ねる中で自分の気持ちをパネルとテーマに表現することに取り組んだ。テーマは「本当の自分を避けないで見ると、不安で、苦しくて、泣いていた。だけど、逃げないようにしたい!」と決めた。  開会式では梅澤秀明代表が「聖母のフェスタは生徒の数は少なくても、多くの人たちに応援に来ていただいています。たくさんの人たちに支えられていることを実感してほしい」とあいさつ。障害物競走や紅白リレーなどを楽しみ、生徒や保護者たちが作った昼食を味わった。  聖母を支援する舞鶴西地区更生保護女性会の福島イツヨ会長は「昨年元気がなかった子も今年は活き活きしている姿を見て、毎回感動と元気をここでもらっています」と話している。

写真=競技に参加した市民や卒業生ら