市長賞に小嶋さん(小倉) 3月18~21日、ワンダフル舞鶴写真展【舞鶴】

市長賞に小嶋さん(小倉) 3月18~21日、ワンダフル舞鶴写真展【舞鶴】

投稿日時:2005年3月4日

0503042

0503043

0503044

平成16年度ワンダフル舞鶴写真展(市など主催)の審査結果が、このほど発表された。170点の応募作品の中から、市長賞には小倉の小嶋幸則さん(61)の作品「霧の刻」が選ばれた。写真展は3月18日~同21日、北吸の市政記念館で開かれる。入場無料。舞鶴の自然景観や歴史などを写真で紹介しようと開催されている。今回は84人(昨年度56人)が応募し、日本写真家協会会員の北奥耕一郎さんが2月13日に審査した。市長賞の小嶋さんは槇山から青葉山を撮影した。教育長賞には北吸の大竹一生さん(72)が、林道・瀬崎三浜線で撮影した作品「夏の果て」、理事長賞には伊佐津の谷田肇さん(76)が、佐波賀で撮影した「燦々」が選ばれた。写真展は入賞作品など計105点が並べられる。午前10時~午後5時。最終日は午後4時まで。21日午後3時からは同館で、北奥さんの講演会「写真を楽しむ」が開かれる。入場無料。
 3人以外の入賞者は次の皆さん。
【特選】鬼塚千鶴(八幡市)ちはらまさみ(福知山市)島田外喜男(高野由里)
【入選】今井由一(宮津市)吉川龍一(高野由里)梅木千鶴子(上安)平井敏史(野村寺)多田満寿美(魚屋)土淵隆文(真倉)浅奥重和(浜)由里章(北吸)平田仁(紺屋)阪田薫(南田辺)
【まいづる賞】堀江勇治(倉谷)
【がんばれ賞】佐久間守男(高野由里)
【ふるさと賞】河田長友(志高)

写真=左から【市長賞】小嶋さんの作品「霧の刻」。【教育長賞】大竹さんの作品「夏の果て」。【理事長賞】谷田さんの作品「燦々」