市老連女性部会結成当初からの部長 二谷すゑのさん勇退 【舞鶴のニュース】

市老連女性部会結成当初からの部長 二谷すゑのさん勇退 【舞鶴のニュース】

投稿日時:2002年5月14日

0205141

舞鶴市老人クラブ連合会女性部会の総会が5月12日、北吸の市老人福祉センター「文庫山学園」で開かれ、女性部会の結成当初から2期14年間、部長を務めた二谷すゑのさん(88)=常=が勇退した。二谷さんは活動資金を捻出するため、「1円玉募金」を始めるなど、まさに「女性部会の顔」として活動に取り組んだ。
 二谷さんは、元小学校教諭で、退職した数年後に老人クラブに入会した。女性部会の結成は、女性の会員が半数以上を占める市老人クラブ連合会に是非とも必要と、昭和62年に有志と準備委員会を立ち上げて協議を重ね、翌63年5月11日に結成総会を開催した。当初、婦人部会としていたが、平成元年に女性部会と改めた。
 結成の年から女性部会の自主財源確保のため、「1円玉募金」を会員に呼びかけた。初年度に59万407円の募金が集まり、平成13年度までの累計では、1988万8099円にのぼっている。この募金は、女性部会の活動資金とする一方、これまで台湾地震(平成11年)、鳥取地震(同12年)の被災者への義援金、市老人クラブ連合会30周年記念式典(同6年)などに総額80万円が役立てられている。
 このほか、二谷さんは、平成10年に国連の「国際高齢者年」を記念して、市内在住の留学生などの外国人を招待して「国際交流親睦のつどい」を開催した。このつどいは、昨年まで4回続けている。
 総会では、二谷さんが「1円玉募金」を中心に、14年間の活動を振り返り、「ここまでやってこられたのは、皆さんの協力のお陰です。この14年間はほんとうに楽しかった。これからも前向きに、脱老人で活動に取り組んでほしい」とあいさつした。
 この後、新部長に選任された安達一重さん(75)=伊佐津=に、「1円玉募金」の預金通帳、出納簿、台帳を引き継いだ=写真。二谷さんとともに退任する副部長の南ふさ子さん(83)=引土=の2人に、長年の功績をたたえて花束が贈られた。
 安達部長のほか、女性部会の平成14、15年度の役員に決まったのは次の皆さん。  ▽副部長=田端美代子(田中町)松本ミサエ(長浜)岸本美佐子(岸谷)山下昭子(下見谷)▽役員=大谷静子(溝尻中町)小川阿佐乃(森本町)岡野鶴代(京橋)池上悦子(西神崎)藤田幸子(余部上)