市社協へ車椅子対応の車両1台寄贈 国際ソロプチミスト舞鶴、認証30周年で【舞鶴】

市社協へ車椅子対応の車両1台寄贈 国際ソロプチミスト舞鶴、認証30周年で【舞鶴】

投稿日時:2007年3月23日

0703232

 国際ソロプチミスト舞鶴(多田和子会長)は、認証30周年の記念事業として、舞鶴市社会福祉協議会に車椅子のまま乗降できる車両1台を寄贈した。3月22日、円満寺の舞鶴グランドホテルで贈呈式を開いた。  同協議会は公共交通機関の利用が難しい車椅子利用者の外出支援のため、福祉有償送迎サービスを実施する。5台の車両を運行するが、内1台が11年を経過し老朽化したため、代替車両の購入を検討中、同舞鶴から寄贈の申し入れを受けた。  贈呈式では多田会長が「バザーの収益金と会員の積立てを、社会福祉に役立てたいと寄贈を決めました。ご活用ください」とあいさつし、同協議会の上羽仁事務局長に目録を手渡した。上羽さんは「利用者も大変喜んでおり、有効に使わせていただきます」とお礼を述べた。  この後、姉妹クラブの会員らを招いた記念式典も開かれた。

写真=上羽事務局長に目録を手渡す多田会長(左)

【舞鶴】