市消防本部~文化財を火災から守れ! 小倉の行永家住宅などで消防訓練 【舞鶴のニュース】

市消防本部~文化財を火災から守れ! 小倉の行永家住宅などで消防訓練 【舞鶴のニュース】

投稿日時:2004年1月27日

0401271

 「文化財防火デー」(1月26日)に伴う防火運動の一環として、舞鶴市消防本部は1月27日、国の重要文化財に指定されている小倉の行永家住宅で消防訓練を実施した。
 訓練は、行永家付近の民家から出火、同家の母屋と蔵に延焼の恐れがあるとの想定。東消防署のほか地元の志楽、朝来、祖母谷消防団などから消防車両4台、署員と団員合わせて107人が出動。近くの小倉川から水を引いて一斉放水した。
 訓練終了後、東消防署の森脇利之署長が「貴重な文化財を後世に残すため、これを契機により一層防火に務めてほしい」と講評。訓練に参加した行永家を所有する行永壽二郎さんは「この家は、解体修理で180年前に火災の跡に建ったことが分かりました。これからも防火に務めるとともに、皆さまのご協力をお願いします」と感謝の言葉を述べた。
 西消防署でも、この日引土の円隆寺で消防訓練を行った。
写真=一斉放水する消防団員ら