市教委が「心をえがくアートセラピー」 10月13日から計4回、参加者を募る!【舞鶴】

市教委が「心をえがくアートセラピー」 10月13日から計4回、参加者を募る!【舞鶴】

投稿日時:2006年10月6日

0610062
写真=アートセラピーで描いた自分の過去・現在・未来の絵

市教委主催の「心をえがくアートセラピー」が、10月13日から11月15日までの4回、余部下の市女性センターで開かれる。心の奥にある自分を色や形で表現し、これまで知らなかった自分に出会い、心を解放させる。参加者を募っている。  心の奥にしまったままの感情を絵に描くことで外に出し、自分を知り心を軽くさせるセラピー。心の色コースでは10月13日に水彩絵の具を使って今の気分などを描く▽10月27日は色カードを使って、色の持つ癒しの効果を実感する。癒しの色コースの11月1日は自分の生きてきた心の軌跡を描く▽11月15日は自分にとってほっとできるスペースを描く。時間はいずれも午後7時~同9時。  講師は赤田くみこさん。大学時代に心理学を学び、脳性麻痺の人たちの絵本づくりをきっかけに、独学でアートセラピーを学ぶ。絵を中心にしたアートワークショップも開く。定員は各コース15人(先着順)。受講は無料。託児もする(一人200円、要予約)。

【問い合わせ】電話65・0055、同センター。

【舞鶴】