市場に活気−漁業・農業 舞鶴で初セリ

市場に活気−漁業・農業 舞鶴で初セリ

投稿日時:2017年1月10日

26716afa92db0d3ca9e257ee642d2ece
       魚を競り落としていく仲買人ら
efacb9c91dc8006b6bf8706e3c8ef12d
    章姫(イチゴ)などが次々と競り落とされていく

下福井の京都府北部地方卸売市場と下安久の京都府漁協舞鶴市場で5日、初セリが行われた。会場には舞鶴を代表する新鮮な野菜や魚介が所狭しと並び、独特な掛け声と目にも止まらぬスピードで仲買人たちが次々とせり落としていった。
農産物の初セリでは、天候不順で例年より数が少なったが、大根やほうれん草、イチゴなど50人が丹精込めて手掛けた15品目が並んだ。
地場近郷野菜室地場産担当の今田寿孝さん(65)は「正月ならではのご祝儀相場といううこともあって、普段より高い値が付いた。長雨で不作だったが12月あたりから良くなってきて今年もおススメの出来です」と語った。
一方の魚介類は水揚げ総量は例年並みの約71トン。冬のご馳走「鰤(ぶり)」は53本あがり約460キロ。競り値の最高は1キロ当たり3000円となった。 
このほか、ブリの幼魚「つばす」が2万5000キロ、カタクチイワシ3万3000キロ、サゴシは1800キロ、イカ類は1600キロだった。
市内で飲食店を営む「浮舟」の舩本哲男さん(52)は「全体的に少ない印象。鰤も少なかった。見た中ではよこわ(マグロの子ども)が良かったですね」とプロの目を光らせた。
今年も当地が誇る味覚が街ににぎわいをもたらしそうだ。