市内で公設民営第1号「岡田保育園」 創立15周年で記念コンサート 【舞鶴のニュース】

市内で公設民営第1号「岡田保育園」 創立15周年で記念コンサート 【舞鶴のニュース】

投稿日時:2003年3月4日

0303042

市内で公設民営第1号の保育園としてスタートした岡田保育園(篠原千鶴子園長)が、創立15周年を記念して、3月1日、志高の同園で、園児たちの発表会とプロの歌手グループによる声楽ジョイントコンサートを開催した。地元関係者や父母ら約100人が出席する中、園児たちが劇遊びや合唱を披露したり、声楽家たちがイタリア民謡や音楽劇で美しい歌声を奏でた。
 岡田地区には、かつて民間の岡田中保育園と舞鶴市立の岡田下保育所があったが、施設の老朽化と子供の減少で2カ所とも廃止となり、それに代わっていまの岡田保育園が昭和63年4月に開設された。市が土地を取得し建物を建設した後、地元でつくる社会福祉法人・岡田福祉会(山崎定雄理事長)が運営している。
 平成13年まで定員は90人だったが、少子化によっていまは60人定員。4カ月児から小学校就学前の子供たちがいる。園児の少人数化に伴って、4月からは3歳児から5歳児の混合保育を実施。それに合わせて、すでに園舎の一部改築も済ませた。
 発表会では3歳児らが「赤ずきん」、4・5歳児たちが「白雪姫」の劇遊びを披露。第2部の15周年記念コンサートでは、4・5歳児たちが篠原園長の長男で作曲家の篠原真さんのピアノ伴奏に合わせて、真さんが作った岡田保育園のうたを合唱した。続いて経種(いだね)康彦さんらテノールやソプラノ歌手が、篠原さんのピアノで「オーソレミオ」「もののけ姫」などを歌った。
写真=合唱を披露する4・5歳児たち