巨大クレーン 橋桁吊るす 倉梯小児童が大宮橋工事見学【舞鶴】

巨大クレーン 橋桁吊るす 倉梯小児童が大宮橋工事見学【舞鶴】

投稿日時:2011年6月3日

1106032
写真=クレーンで吊り下げられ移動する橋桁

舞鶴市立倉梯小学校の4年生たちが6月1日、架け替えが進む行永の大宮橋の工事を見学した。大きな橋桁が100メートルのクレーンで吊り下げられ移動する様子を見守った。  昭和33年に与保呂川に架けられた旧大宮橋が老朽化したため、平成21年から架け替え工事が始まった。新しい橋は長さ29メートル、最大幅29.4メートル。上流側の半分の架け替えを終え、下流側の架け替えを進めている。8月末に完成予定。  見学会では4年生たちが府職員から橋桁は福島県郡山市内の工場で製作され、分解して夜間に運ばれ2晩かかって到着したことや、新しい橋は水の抵抗を減らすため橋脚がないことなどの説明を受けた。その後、大型クレーンが橋桁を吊るし、反対方向へ動かす作業を見学した。