嵜山さん、吉坂の茶山で新茶葉摘み取り 野趣に富む中にもやさしい味で人気 【舞鶴】

嵜山さん、吉坂の茶山で新茶葉摘み取り 野趣に富む中にもやさしい味で人気 【舞鶴】

投稿日時:2004年5月28日

0405282

0405281

 吉坂の茶山で新しい茶葉の摘み取り作業が行われている。農薬と化学肥料を使わず草取りも全て手作業。自然のままで育った茶の木から摘んだ茶葉は、紅茶と緑茶(せん茶)に加工され、野趣に富む中にもやさしい味。鯨が空を飛ぶ絵柄のラベルで親しまれる紅茶は甘い香りとまろやかな味で、全国にファンがいる。晴天の日には緑の木々に囲まれ鳥の鳴き声がこだまする茶山に、友人の援農隊も訪れ作業を手伝っていた。龍宮町の嵜山靖治さんが20年前、荒れていた茶山(2ヘクタール)を整備して生産を始めた。山道を抜けると突然目の前にすり鉢状となった谷が開ける。その斜面の一面に茶の木の畝が段々状に並び、所々に桜などの樹木が枝を伸ばし、涼しげな木陰をつくっている。今年は例年より一週間ほど早く摘み取りが始まった。柔らかい新芽の葉を袋の付いた大きな鋏で刈り取っている。茶山の気持ちのいい風景と嵜山さん、そのお母さんの作るお弁当に誘われ、舞鶴市内をはじめ京都や大阪、滋賀、徳島などから友人たちが手伝いに訪れることも。茶工場で緑茶と紅茶に加工する。紅茶は市内の喫茶店や産直グループで扱っているほか、自然食などを置く東京のエコロジーショップ、京都の天然酵母のパン屋や自然食レストランなどでも販売。口コミで知ってファンになった人たちは直接、嵜山さんに注文している。緑茶1キロは3000円、新茶の紅茶は100グラム800円、2番茶の紅茶100グラム600円。  
問い合わせは〒625―0034龍宮町6 嵜山靖治(電話63・2245夜間のみ)。

写真左=斜面一面に段々状に並ぶ茶の木の畝
写真右=茶葉を袋の付いた鋏で摘み取る嵜山さん