山ほどおいしかった! 朝来幼稚園児 杉山でピザづくり【舞鶴】

山ほどおいしかった! 朝来幼稚園児 杉山でピザづくり【舞鶴】

投稿日時:2012年7月17日

1207172

 舞鶴市吉野の朝来幼稚園の年長組22人が7月13日、杉山のパン工房で、ピザづくりに挑戦した。NPO法人名水の里杉山のメンバーたちの協力で、地元で収穫した米粉の生地を伸ばして石窯で焼いた熱々を頬張った。  友達と助け合い集団生活を体験しようと、幼稚園で一泊するお泊り保育の中で、夕食づくりにと取り組んだ。昨年も杉山を訪れたが、ピザづくりは初めて。  青葉山中腹に位置する杉山地区は名水や棚田で知られ、地元の人らでつくる同法人がお酒づくり、水車や石窯の設置、ピザやパンづくりのワークショップも取り組む。  この日は同法人理事長の松岡良啓さんや地元住民ら8人も協力した。地元の米を水車で粉に挽いた生地を、園児たちが教わりながら棒で直径20センチほどの円状に伸ばし、地場産の玉ネギなどの野菜をトッピング。300度に熱した窯に入れ約10分で焼きあがった。  園児たちは地元の人たちが作ってくれたカレースープ、サラダなども笑顔で味わった。完食した園児の伊波幸喜君は「ピザも野菜も山ほどおいしかった」と地元の女性に元気にお礼を述べた。

写真=ピザづくりをする年長の園児たち