家庭内暴力、1人で悩まないで相談を! 国際ソロプチミスト舞鶴がホットライン・カード【舞鶴】

家庭内暴力、1人で悩まないで相談を! 国際ソロプチミスト舞鶴がホットライン・カード【舞鶴】

投稿日時:2006年11月4日

0611042
写真=市教委の坂根教育長にカードを手渡す多田会長ら

ドメスティック・バイオレンス(DV)の防止・啓発活動として、国際ソロプチミスト舞鶴(多田和子会長)は11月1日、市教委と府中丹振興局を訪問し、相談機関の連絡先を記入した家庭内暴力ホットライン・カードを寄贈した。  DVは夫婦や恋人間でパートナーから受ける身体的・精神的などの暴力。主に家庭内で女性が被害にあうケースが多い。仕事を持つ女性でつくる社会奉仕団体の国際ソロプチミストの連盟がDV防止に取り組み、1999年の国連総会でも11月25日を「女性に対する暴力撤廃の国際デー」に決めた。  この日は多田会長ら3人が市教委の坂根章教育長に、カード50枚を手渡した。カードには相談先として市女性センターの電話番号(65・0056)が記入されている。市教委は担当課を通して関係機関に配布したり、窓口に置く。多田会長は「1人で悩まないで相談を」と話す。

【舞鶴】