学習に役立てて 舞鶴ライオンズクラブ 「聖母の小さな学校」へ支援金【舞鶴】

学習に役立てて 舞鶴ライオンズクラブ 「聖母の小さな学校」へ支援金【舞鶴】

投稿日時:2015年11月20日

121b3871b764995aee7b12ffa480acc9

舞鶴ライオンズクラブ(甲斐嶋純二会長)が11月12日、不登校の児童・生徒のための民間のフリースクール「聖母の小さな学校」=上安=の梅澤秀明代表に、学習支援金10万円を贈呈した。
 学校に行けず苦しむ子供たちに教育の機会を設け、自己実現と成長を支援しようと、1989年に梅澤夫妻が開設した。多くの市民や団体が物心両面で支援、現役の教諭たちも特別授業を行う。現在は中高生の3人が在籍する。
 同クラブが開設当初からテントなど備品の寄贈を続け、秋のスポーツフェスタでは会員たちが競技に参加もする。支援金も毎年寄贈している。
 この日は円満寺の舞鶴グランドホテルであった同クラブの例会の席上で、甲斐嶋会長が梅澤代表に目録を贈った。梅澤さんは「市民に知られることのなかった活動に、ライオンズクラブの皆さんが開設時から目を留めていただき、励みになっています」とお礼を述べた。

写真=支援金を梅澤さんに贈る甲斐嶋会長(左)