姿勢の学習会 支援の福祉機器動かして 肢体不自由の子供たちサポート 12月6日 バリアフリーフェス【舞鶴】

姿勢の学習会 支援の福祉機器動かして 肢体不自由の子供たちサポート 12月6日 バリアフリーフェス【舞鶴】

投稿日時:2014年11月28日

体に障害を持つ子供たちの保護者や舞鶴支援学校教員らでつくる「まいづる姿勢の学習会」(西一代代表)が、子供たちの生活をサポートする福祉機器の展示や理学療法士の講演などをする「キッズ★バリアフリーフェスティバル しちゃったinまいづる」を、12月6日午前10時~午後3時半、浜の商工観光センターで開催する。入場無料。
 肢体不自由の子供たちの成長に合わせて、適切な時期に適切な用具を選択して使用することが、子供たちの二次障害を予防し可能性を伸ばすことにつながる。フェスタでは座位保持装置、リフト、口腔ケア用品など様々な機器に実際に触れ、動かすことができる。各家庭で使っているちょっとしたアイデアの用具も紹介する。
 また、びわこ学園医療福祉センター草津の理学療法士の高塩純一さんの講演(午前10時)、舞鶴高専電気情報工学科で改良した電動車いすなどの展示、クラウンショー(午後3時)、アロマコーナー、歯科衛生士や作業療法士らによる相談会もある。問い合わせは西さん(hkrja-11410@zeus.eonet.ne.jp)。