女布の洋画家・森下さん、ヨーロッパの風景描く 10月24~26日、総合文化会館で油絵展  【舞鶴のニュース】

女布の洋画家・森下さん、ヨーロッパの風景描く 10月24~26日、総合文化会館で油絵展 【舞鶴のニュース】

投稿日時:2003年10月17日

0310172
0310173

洋画家の森下一夫さん(55)=女布=の油絵展「ヨーロッパの風景―スイス・フランス・スペイン―を描く」が、10月24日~同26日、浜の総合文化会館展示室で開かれる。舞鶴での個展は4年ぶりで、今回はスイスアルプスの雄大な山々を独自の明るい色調で描いている。入場無料。
 森下さんは、スペイン・アンダルシア地方の白い壁の家々を描いた作品で、現代洋画精鋭選抜展に入選。日本やパリなどの近代建築や風景を独自の色調で描き、人気画家として全国の百貨店の画廊で作品展を開いている。12年前にふるさと舞鶴に戻ってきた。
 油絵展では4号~30号の40点を展示する。一昨年にスイスへ取材旅行し、マッターホルンやアイガーなどのほか、パリのカフェなどを作品にした。舞鶴での作品展を皮切りにして、全国で順次開催する。時間は午前10時~午後7時。最終日は午後6時。 【問い合わせ】電話75・8484、森下さん。
写真左=作品展を開く森下さん
写真右=展示される油絵「スイスのアイガー」(M30号)