地元の素材で「恵方巻ろぉる」 ふるるファーム 2月3日の節分、予約販売【舞鶴】

地元の素材で「恵方巻ろぉる」 ふるるファーム 2月3日の節分、予約販売【舞鶴】

投稿日時:2011年1月25日

1101252
写真=3色のたっぷりのクリームが入った「恵方巻ろぉる」

瀬崎のふるるファームが、2月3日の節分にちなみ、ロールケーキで作った「恵方巻ろぉる」を販売する。舞鶴産の卵や抹茶などを素材に3色のクリームがたっぷり入った一品で、昨年も好評だった。  節分の日にその年の縁起のいい方角を向いて太巻き寿司を丸ごと食べると、よい1年になると言われている。今年の恵方は南南東。同ファームのお菓子工房は太巻きを模したケーキを2年前に1日限定商品として開発した。  スポンジ生地にお菓子用の竹炭パウダーを混ぜて、海苔をイメージして黒くして、その中に西方寺の平飼い鶏の卵で作った生クリーム、さらに加佐産の高級抹茶を加えた緑色のクリーム、小豆を加えたこしあんクリームを入れて生地を巻く。  菓子工房スタッフの足立美千代さんは「抹茶の苦味とクリームの甘味がブレンドされおいしい味になっています」と自信の一品になっている。1本は長さ約11・5センチ、幅約10センチ。930円。1月31日まで予約を受け付け、2月3日午前10時~午後3時に同ファームで引き渡す。  同ファームはこれまで冬場の2月は毎週火、水、木曜を休んでいたが、今年2月は火曜日だけを休みにする。

【問い合わせ】電話68・0233、同ファーム