双子6組!元気に通う 倉梯幼稚園 20年ぶりの誕生 「友達と遊ぶの楽しい!」【舞鶴】

双子6組!元気に通う 倉梯幼稚園 20年ぶりの誕生 「友達と遊ぶの楽しい!」【舞鶴】

投稿日時:2013年4月30日

1304301

 舞鶴市七条中町の私立倉梯幼稚園(森田和子園長、園児197人)に、今春から双子の園児6組が通っている。1993年にも6組が揃ったことがあり、20年ぶりの誕生。どの双子もそっくりな顔立ちで、先生たちも時々間違うことも。12人は友達もでき元気に過ごしている。
 6組の12人は年長組の池田蓮君(5)と琉生(るい)君(同)の兄弟=行永=、小東柚依紗(ゆいさ)ちゃん(5)と依瑠斗(いると)君(同)の姉弟=森本町=、年中組の斎藤日色(ひいろ)君(4)と日生(ひなせ)君の兄弟=行永=、嵯峨美咲(みさ)ちゃん(4)と美桜(みお)ちゃん(同)の姉妹=行永=、松本愛夢(あゆ)ちゃん(4)と美夢(みゆ)ちゃん(同)の姉妹=行永東町=、ひよこ組(満3歳)の梅原颯一郎(そういちろう)君(2)と慎二郎君(同)の兄弟=行永。
 同園は友達がたくさんできるようにと、別々のクラスに双子を入れた。それでもお兄ちゃんやお姉ちゃんの様子が気になるのか、教室をのぞく姿もあるという。
 双子たちはそれぞれ顔立ちだけでなく、性格も行動も似ている。日色君ら3人を担任する荒木保奈美教諭は「ぱっと見ただけでは間違えることもあります」と話す。
 小東柚依紗ちゃんは「友達と遊ぶのが楽しい」依瑠斗君は「給食がおいしい!」と元気に答えていた。
 森田園長は「お母さんでも寝ているときは、見分けがつかないこともあるそうです。少子化で園児が減っている時代に、双子が6組もいてくれて、明るい話題ができました」と、元気に走り回る子供たちを見守っている。

写真=勢揃いした双子の12人。(上段右から斎藤日生君と日色君、松本愛夢ちゃんと美夢ちゃん、中段右から池田琉生君と蓮君、小東依瑠斗君と柚依紗ちゃん、下段右から嵯峨美咲ちゃんと美桜ちゃん、梅原颯一郎君と慎二郎君)