北都信金舞鶴港支店展示会−自由研究の結果キラリ

北都信金舞鶴港支店展示会−自由研究の結果キラリ

投稿日時:2016年9月27日

c5bb021d2f7b195e6fbbbbb7b2ad8cad
                     作品を展示した原田くん(左)と長水さん(右)

 15日から30日まで喜多の京都北都信用金庫舞鶴港支店ロビーにて福井小生徒たちによる夏休み自由研究の作品が展示されている。
 同金庫では「地域元気宣言!」として地域を元気にする活動を目的とし、舞鶴港支店ではこれまでも保育園の絵画展などの活動に取り組んでいる。
 作品展は同小の1年生から6年生までの作品を各年4作品ずつ計24作品を展示、明智光秀をテーマにその生涯を調べたものやリアル・ゴールドや麦茶などの身近な飲み物の酸性・中性・アルカリ性を調べたもの、お金の歴史を調べたものなど、丹念に調べた研究の成果が並んだ。
 毎週日曜日に和太鼓を習っているという3年生の長水孝仁(あつひと)くんは「家で練習出来るように和太鼓を作りました。(なめし革)とひもを結ぶところが難しかったです」と語り笑顔でバチを持ちポーズを取ってくれた。
 ロケット型の万華鏡を作った2年生の原口智光くんは「万華鏡を見るのは楽しいので作りました。色塗りが大変でした」と語った。
 同支店の田中誠支店長(45)は「今後も地元の子どもたちの元気な活動を広くPRし、ご来店いただくお客様に元気を与えていく活動を継続していきたい」と思いを述べた。