円満寺に西市民プラザが完成、しゅん工式 市がNPO法人に管理運営を委託  【舞鶴のニュース】

円満寺に西市民プラザが完成、しゅん工式 市がNPO法人に管理運営を委託 【舞鶴のニュース】

投稿日時:2003年4月25日

0304251

舞鶴市が円満寺に建設していた西市民プラザが完成し、4月24日、しゅん工式が行われた。城下町を意識した石積みと白壁の外観や、自然光を採光しやすいドーム型のガラス屋根が特徴。NPO法人「まちづくりサポートクラブ」(増山寛一代表理事)に管理運営を委託する。公共施設の管理運営を市民団体に委託するのは府内でも初めて。
 同プラザは本棟が鉄骨造り3階建て、別棟は同2階建て。ふれあい広場や市民活動団体作業ゾーン、音楽演奏と録音、音楽と映像の編集ができるスタジオなどを設けた。総事業費は16億2100万円。市民でつくる同クラブがより柔軟な利用運営を図るため委託を受けた。開館日は365日、時間は午前9時~午後10時。
 式典では開館を記念して市民らからの寄贈品が紹介された。舞鶴ロータリークラブ(上西勝己会長)がクラブ創立50周年を記念し和太鼓を、資生堂舞鶴工場(長澤健二工場長)が健康遊歩道を、夫がかつて舞鶴高専に勤務していた縁で、水彩画家の碓井曄子さん(宇治市在住)が絵画「遊」(80号、額装・渡壁芳房さん)を贈った。
【問い合わせ】電話77・0086、同プラザ。

4月26日、チャリティー春の社交ダンスパーティー
 メリー・ディマンズが4月26日午後7時~同9時15分、同プラザでチャリティー春の社交ダンスパーティーを開く。参加費は千円。
【問い合わせ】電話64・2092、泉さん。
写真=完成したドーム型ガラス屋根の「西市民プラザ」