八雲小1年生も参加、利用者らアジサイの挿し木学ぶ 「みずなぎ丸田学園」花と緑の公社が出前指導  【舞鶴】

八雲小1年生も参加、利用者らアジサイの挿し木学ぶ 「みずなぎ丸田学園」花と緑の公社が出前指導  【舞鶴】

投稿日時:2007年7月20日

0707202
【舞鶴】

 丸田の知的障害者通所授産施設「みずなぎ丸田学園」で7月18日、利用者たちが市花と緑の公社職員からアジサイの挿し木の講習を受けた。近くの八雲小学校の1年生たちも参加し交流した。  丸田学園ではハーブなど草花の苗や鉢ものを育てて販売する園芸に力を入れている。今後はアジサイの苗木の販売も企画していることから、同公社に挿し木の出前指導を依頼した。  同公社職員の足立尚義さんら4人が、舞鶴自然文化園の西洋アジサイの切り花を持ち込み、花を落とし葉を小さく切るなどの方法を指導。利用者たちは園芸福祉士のボランティアに手伝ってもらいながら、ハサミで切り箱に入った土に植えた。八雲小1年の13人も植え学校へ持ち帰った。学園では施設周辺に植え替えたいとする。

写真=公社職員から挿し木の方法を学ぶ利用者たち

【舞鶴】