八島商店街「チャレンジショップ 」10月16日オープン 開設へ改装作業 、応募者ら現地見学で夢膨らむ 【舞鶴】

八島商店街「チャレンジショップ 」10月16日オープン 開設へ改装作業 、応募者ら現地見学で夢膨らむ 【舞鶴】

投稿日時:2009年9月25日

0909253

NPO法人舞鶴市女性センターネットワークの会(伊庭節子理事長)が、浜の八島商店街の空き店舗を活用したコミュニティスペースの開設に向け、チャレンジショップへの参加を検討している市民たちが、このほど改装中の店舗を見学した。スペースの名称も応募の中から「ほっとハウス」と決まり、10月16日のオープンに向け、会員たちが清掃や壁の塗り替え作業などに取り組んでいる。まちを元気にしようと、地域の人や観光客の交流を生む場にと開設する。「チャレンジショップほっと」では、厨房やボックスをレンタルして食品の製造、作品などの販売▽教室の開催などに挑戦できる。「カフェほっと」では飲食の持ち込みができ、コーヒーなどを提供する。「親と子のひろばほっと」は20畳の部屋で親子が集える。名称は市民から応募した数案を組み合わせて決定。また、チャレンジショップの希望者から要望を聴き、3パターンの料金の設定や駐車場の確保、土・日曜も営業するなどにした。改装中の店舗も見学し、「店の予定を表に表示を」などの意見を交わした。パソコンによるショッピングサイトの作成の教室、惣菜や天然酵母パンの製造販売などの希望が出ている。業者の手で改装中だが、会員たちも自ら壁の塗装作業をしたり、協力者から不要な厨房施設や照明器具を譲り受け磨くなど汗を流している。今後もショップの希望者を募っている。
【問い合わせ】電話63・3305、市女性センター内

写真=NPO法人舞鶴市女性センターネットワークの会 理事(左)から厨房の説明を聞く市民ら