全国高専ロボコン2009で舞鶴高専チーム ファン投票一位、ベストカップル賞と特別賞も【舞鶴】

全国高専ロボコン2009で舞鶴高専チーム ファン投票一位、ベストカップル賞と特別賞も【舞鶴】

投稿日時:2009年12月8日

0912082

舞鶴高専の創造技術研究会の学生チームが、このほど東京都内で開かれた全国高専ロボットコンテスト2009で、ロボットのダンスパフォーマンスが評価され、中学生以下の観客によるファン投票で1位に輝くとともに、ベストカップル賞と特別賞を受賞した。今年のロボコンのテーマは「ダンシング・カップル」で、2台のロボットにダンスを踊らせ、そのパフォーマンなどで競い合う。舞鶴高専の学生たちは平安時代の貴族と巫女をイメージしたロボット「鶴恋慕(カクレンボ)」を製作し、近畿地区大会でもベストカップル賞を受けた。全国大会ではマシントラブルによって第1ステージで敗退したが、観戦した中学生以下の子供たちによるファン投票で25チーム中、1位に選ばれ、投票上位のロボットによるエキシビジョン・ゲームで見事な舞を披露した。その結果、2つの賞を受けた。チームリーダーの西本淳一さん(電子制御工学科5年)は「見た人が楽しんでもらえるロボットを作りたいと思っていたので、ファン投票1位になったことは何よりもうれしい」と喜んでいた。全国大会の模様は12月28日午後10時からNHKでダイジェスト版、来年1月1日午前10時からNHK・BS2で全試合が放送される。

写真=ダンスを踊る2台のロボットと操作する高専生ら(舞鶴高専提供)