全国公募「日中水墨画合同展」で 小坂さん、総務大臣奨励賞を受賞【舞鶴】

全国公募「日中水墨画合同展」で 小坂さん、総務大臣奨励賞を受賞【舞鶴】

投稿日時:2004年4月20日

0404202

0404201

 絵画教室「舞鶴文化ライフ教室」を主宰する日本画家、小坂けいしんさん(56)=朝来西町=の作品「春風」(30号)が、全国公募の第21回日中水墨画合同展(日本中国水墨交流協会主催)で、総務大臣奨励賞を受賞した。4月23日から5月7日まで、東京都美術館で開かれる同合同展で展示される。小坂さんは、5年前から同合同展に応募し、毎年入賞している。昨年は奨励賞に輝き、今年は一ランク上の総務大臣奨励賞を獲得した。受賞作の「春風」は、自宅近くの田口神社の池をスケッチした。水面に映る春の光りと、春風でのさざ波、木々の影を描いた。受賞の知らせに、小坂さんは「思ってもいませんでした。夢をかなえたような感じです」と喜んでいる。また、「水墨画のイメージとは異なる表現で、自然をよく観察して描きました。写実的であり。抽象的なところもあり、このあたりが評価されたのでは」と話している。同合同展では、舞鶴から応募した日本画グループ「緑峰会」の今峰武さん=丸山中町=が特選、同じく福村早智子さん=吉坂=と西野広子さん=栃尾=が入選した。また、小坂さんの作品は、7月に名古屋国際展示場で開催される第8回エイズチャリティー美術展で、招待作家として展示される。また、同美術展を主催するハート・アート・コミュニケーションが、10月下旬に英国国立大学グレートホールで開く英国国際美術博覧会にも出品が決まっており、出品作家の資料選考で、3人に贈られる英国大使館からの文化親善名誉作家の認定書を受けることも内定しているという。

写真=受賞した作品「春風」と小坂さん