元自衛官・由良さんが手作り万葉かるたと和凧 1月15日まで「ボヌール」で作品展【舞鶴】

元自衛官・由良さんが手作り万葉かるたと和凧 1月15日まで「ボヌール」で作品展【舞鶴】

投稿日時:2009年1月9日

0901093

北吸の元陸上自衛官、由良弘さん(66)が手作りした万葉かるたと和凧の作品展が、浜の喫茶店「ボヌール」で開かれている。色紙に小倉百人一首の歌と平安貴族を、飾り用の和凧に歌舞伎役者を鮮やかな色彩で描き、新春に華を添えている。1月15日まで。  由良さんは、縁起物の和凧を探したが見つからず、自分で作ることを思いつき定年後に絵筆を握った。歌舞伎や浮世絵などの登場人物をポスターカラーで和紙に描いて、購入した細い竹を骨組みに張りつける。昨年一月にも同店で並べ、正月らしく好評だったことから、趣向を変えて一年間準備してきた。  日本の昔ながらの正月を思い出してもらおうとかるたを作った。百人一首の中から小野小町などの四十首を選び、歌と平安貴族や十二単姿の女性たちを色紙に描いた。畳店でもらった畳の切れ端と縁から畳の額(縦70センチ、横60センチ)を自作し、そこに3枚の色紙を並べた。また、だるまや三国志の登場人物などを描いた和凧も並んだ。由良さんは「少しでも新春気分を楽しんでもらえれば」と話す。  午前7時半~午後7時。日曜休み。
【問い合わせ】電話62・6008、ボヌール

写真=かるたなどの作品と制作者の由良さん

【舞鶴】