今年春の藍綬褒章受章を記念して 川崎さんが市社協に福祉器具寄贈 【舞鶴】

今年春の藍綬褒章受章を記念して 川崎さんが市社協に福祉器具寄贈 【舞鶴】

投稿日時:2006年8月18日

0608182
写真=寄贈した車いすなどを前にした川崎さん

舞鶴市民生児童委員連盟の元会長、川崎昭二さん(79)=行永東町=が8月17日、市社会福祉協議会に車いす2台と歩行車、折り畳み式スロープ各1台(合計39万円相当)を寄贈した。  川崎さんは、元市職員で、退職後は民生児童委員として福祉活動に力を尽くし、平成16年11月に勇退するまで同連盟の会長も務めた。今年春に社会福祉功績で藍綬褒章を受章したことを記念して、福祉器具の寄贈を申し入れたという。市社協では、運営する居宅介護事業所のケアマネジャーと相談して、貸与用の需要が多く、また福祉器具の見本として車いすなどを購入した。  市社協に届いた車いすなどを前に、川崎さんは「福祉に携わったものとして、少しでもお役に立てればうれしい」と話していた。

【舞鶴】