京人形の職人の技結集「ひなまつり展」 1月31日までギャラリー・サンムーンで【舞鶴】

京人形の職人の技結集「ひなまつり展」 1月31日までギャラリー・サンムーンで【舞鶴】

投稿日時:2010年1月26日

1001262

伝統工芸品となっている京人形の雛人形を展示したひなまつり展が、舞鶴市浜のギャラリー・サンムーンで開かれている。200年以上前の雛人形「親王飾り」が初公開されているほか、頭や髪付などの専門の職人たちが長年継承してきた熟練の技を見ることができる。来場者は一足早く華やいだ春の雰囲気を楽しんでいる。1月31日まで。宮廷文化が華開いた京都は人形発祥の地といわれ、江戸時代に盛んに作られた雛人形もその製作の中心は京都で現在もその技術が受け継がれている。京人形は着付、手足、小道具など製作工程が分業化され、専門の職人たちの技が結集して出来上がる。作品展では、京都市の家に伝わる文化2(1805)年に作られ、修復を終えて蘇った親王飾り、シルクの艶やかな髪が美しい市松人形、平安の京を思わせる衣装の雛人形など、会場は花が咲いたような華やぎに溢れている。陶芸家たちの動物雛や染色作家のタペストリー、端午の節句の作品も並ぶ。
【問い合わせ】電話63・4858、サンムーン

写真=約200年前に作られた雛人形