丸山4町内の地域助け合い「にこにこ会」 通学路など除雪、一人暮らしの老人宅の安全点検も【舞鶴】

丸山4町内の地域助け合い「にこにこ会」 通学路など除雪、一人暮らしの老人宅の安全点検も【舞鶴】

投稿日時:2006年1月13日

0601131

丸山地区4町内の住民有志でつくる地域助け合いボランティア「にこにこ会」(村尾幸作代表)の呼びかけで9日、住民ら約120人が同地区内の通学路や一人暮らしの老人宅などで除雪作業に取り組んだ。昨年末から舞鶴でも例年にない大雪に見舞われたことから、「にこにこ会」では、児童の通学路確保と、一人暮らしの老人宅の玄関の出入口確保と安全点検を行うため、住民らに呼びかけて除雪作業を行った。にこにこ会の会員や地域住民のほか、倉梯第二小の教員やPTA、児童らも参加。集団登校の集合場所から学校まで通学路の雪をかき、幅1メートルの道を開けた。また、20世帯の一人暮らしの老人宅では、玄関から道路までの雪をかき、併せて雪の落下によってけがのないよう安全点検した。