中越沖地震被災者支援へフリーマーケット 8月5日、城南会館夏祭で西高生たち【舞鶴】

中越沖地震被災者支援へフリーマーケット 8月5日、城南会館夏祭で西高生たち【舞鶴】

投稿日時:2007年8月3日

0708031
【舞鶴】

 7月16日に起きた新潟県中越沖地震の被災者へ義援金を贈ろうと、西舞鶴高校の生徒たちが8月5日、女布の城南会館で開かれる夏祭に参加し、募金活動に取り組む。西高フリーマーケットでバザーやポストカード、手作りお菓子などを販売し収益金を義援金にあてる。来場を呼びかけている。  この地震で柏崎市などで多くの被害が出て、いまも1000人以上の市民が避難生活を送っており、水道などの復旧も遅れている。3年前にも十日町市など中越地域は大きな地震で被害にみまわれた。  生徒たちは2004年の台風23号をきっかけに、パキスタンの地震、今年3月の能登半島地震などの被災者を支援するため、次々に西高フリーマーケットを開催。文化系クラブ員も部活動の発表を兼ね、作品を販売し義援金にあてた。  5日の夏祭は城南会館の主催。地域の市民らが発表や模擬店などをする。生徒会や美術部などの生徒たちがバザーなどに取り組む。生徒会長の渡辺充樹君(3年)は「新潟の人たちの力になれれば」と話していた。収益金は市を通して被災地に届けられる。  5日は午後3時~同5時半。
【問い合わせ】電話78・1800、城南会館。

写真=バザーの準備などをする生徒たち

【舞鶴】