中筋小PTA女声合唱団「コールマミー」 1月19日、総合文化会館で演奏会【舞鶴】

中筋小PTA女声合唱団「コールマミー」 1月19日、総合文化会館で演奏会【舞鶴】

投稿日時:2008年1月18日

0801182
【舞鶴】

中筋小学校のPTA会員らでつくる女声合唱団「コールマミー」の演奏会が、1月19日午後1時半から浜の総合文化会館小ホールで開かれる。入場無料。1999年以来、9年ぶり3回目の演奏会で、団員たちは美しいハーモニーの歌声を響かせようと練習に励んでいる。  同合唱団は、中筋小PTAの文化サークルとして、1979年に結成され、30年近い伝統がある。現在団員は18人で、元PTA会員も含まれている。毎週金曜日の夜間、公文名の中筋小音楽室で練習を続けている。  初演奏会は1995年で、99年に第2回を開いた。団員から「演奏会開催」の機運が盛りあがらなかったため、年数を開けての開催だった。昨年6月、府下の「お母さんのコーラス」に出演したのをきっかけに、演奏会開催を決め、7月から演奏曲の選曲と練習を開始した。市内では、女声合唱団で演奏会を開く数少ない存在という。  演奏会は、市合唱連盟理事長の山下弘さんの指揮、澤瀬久仁子さんのピアノ伴奏で、女声合唱組曲「なつかしき日々」や女声三部合唱組曲「確かなものを」などを歌い上げる。また、吹奏楽団「ブルーマリンズ」をゲストに迎え演奏を発表する。  在団6年の西岡純子さん(48)は「歌うことは楽しい。初めての演奏会ですが、きれいに歌い楽しんでもらえればうれしい」と、市民の来場を呼びかけている。

写真=演奏会に向け練習に励む団員たち=中筋小で

【舞鶴】