中学生たちの和楽器「発表会&鑑賞会」 8月22日、総合文化会館大ホールで【舞鶴】

中学生たちの和楽器「発表会&鑑賞会」 8月22日、総合文化会館大ホールで【舞鶴】

投稿日時:2004年8月20日

0408202

 市内の中学生たちが、指導者とともに太鼓や琴、尺八を演奏する「和楽器『発表会&鑑賞会』」(同実行委員会主催、舞鶴市民新聞社など後援)が、8月22日午後1時から浜の総合文化会館大ホールで開かれる。入場無料。学習指導要領の改訂で、平成14年度から中学校の音楽授業に和楽器の使用が義務付けられ、市内でも尺八、琴、和太鼓などの演奏指導が行われている。同実行委員会の中村雅園実行委員長は、尺八を指導しており、生徒たちから「発表会に参加したい」との強い希望を受け、開催するという。「日本の音・日本の響きを子供達に」とのタイトルで、和太鼓の「小倉祇園太鼓」で開幕。琴の「大きな古時計」「さくら」や尺八の「春の小川」「茶摘み」などが演奏される。