ワンダフル舞鶴写真展市長賞に小山さん(余部下 ) 3月19~22日、総文小ホールで展示【舞鶴】

ワンダフル舞鶴写真展市長賞に小山さん(余部下 ) 3月19~22日、総文小ホールで展示【舞鶴】

投稿日時:2009年3月10日

0903103

0903104

0903105

第18回ワンダフル舞鶴写真展(市文化事業団など主催)の審査結果が、このほど発表された。市長賞には、金剛院を撮影した余部下の小山一郎さん(76)の「晩秋風情」が選ばれた。応募作品は3月19日~22日、浜の総合文化会館小ホールで展示される。入場無料。  舞鶴の自然景観や伝統行事、歴史などを写真で紹介しようと開催。今年は82人から194点の応募があり、日本写真家協会会員の宮野正喜さんが審査した。  市長賞の小山さんは、晩秋の金剛院の美しさをとらえて評価を受けた。教育長賞には南田辺の吉野耕司さん(72)が夕景のクレインブリッジを撮影した「幻想の架け橋」、理事長賞には真倉の土淵隆文さん(70)が朝の舞鶴湾を撮影した「朝霧の刻」が選ばれた。吉野さんは別の作品で特選も受賞した。  展示期間中の22日午後1時半から同会館会議室で、宮野さんによる写真クリニックがある。参加無料。申し込みは同事業団(電話64・0880)へ。
このほかの入賞者は次の皆さん。
【特選】宮崎日出夫(宮津市)増田章(愛宕中町)【入選】川代日出三(小倉)堀江勇治(倉谷)藤原泰男(安岡)野崎洋子(行永東町)嵯峨根徹(清美ケ丘)奥田克己(溝尻梅ケ谷)村田勝彦(安岡町)中澤較正(泉源寺)野口昭一(福知山市)吉川龍一(高野由里)【特別賞・ふるさと賞】野崎洋子(行永東町)【同・ほのぼの賞】小幡尚子(堀上)【同・お祭り賞】江森勲(千葉県船橋市)

写真左=【市長賞】小山さんの「晩秋風情」
写真中=【教育長賞】吉野さんの「幻想の架け橋」
写真右=【理事長賞】土淵さんの「朝霧の刻」

【舞鶴】