ボランティアグループ「五和会」 市民の茶の間が大人気 毎月第2水曜に市民プラザでサロン開設 100食分の軽食完売!【舞鶴】

ボランティアグループ「五和会」 市民の茶の間が大人気 毎月第2水曜に市民プラザでサロン開設 100食分の軽食完売!【舞鶴】

投稿日時:2013年1月29日

1301291

ボランティアグループ「五和会」(滝口不三子代表)が、だれでも気軽に交流できる場をつくろうと、2011年4月から舞鶴市円満寺の西市民プラザ展示室で始めたプラザサロン「にこにこ」が、多くの市民で賑わう人気を見せている。口コミで初めて来る人、誘い合って毎回訪れる人など、毎月第2水曜日にお茶と軽食でコミュニケーションが広がっている。
 同会は年末に一人暮らしのお年寄りらに、餅と味噌を配る活動などを長年取り組んでいる。お弁当の配食もしていたが一区切りをつけ、だれでも立ち寄れるサロンを開設した。
1回目は29人の参加で、その後50人前後にまで増えた。次第に口コミで広がり、プラザであるサークル活動を終えて来場する人も多くなり、昨年9月からは軽食100食分を用意。10月は113人が訪れた。
 挽き立ての豆で入れるコーヒー(もしくは紅茶、抹茶)とお菓子が100円、手作りの軽食が250円も人気の理由になっている。このほか足湯アロマ(500円)、保健師の相談コーナーもある。テーブル席のほか、畳のスペースも設けている。
 おふくろの味はお手の物の同会会員が調理し、まちづくりサポートクラブの親と子ひろばの若手スタッフらが、受け付けや配膳などで協力する絶妙のコンビで運営を続ける。
 今年初のサロンがあった1月9日は、かやく御飯と粕汁の100食分がほぼ完売。次々と市民が訪れ5つのテーブルが空くのを待って席に着く人も多く、最後は調理室を開放して座ってもらった。
 滝口さんは「どこかで聞いて来た初めて顔を見る人や男性もおられ、ここで知り合いになっています。最初の目的だったおしゃべりの場になりうれしい」と立ち働いている。来場した宮下蓉子さん(75)=新町=は「ここに来ると話ができるので楽しみにしています。これからも友達を誘って来たい」と話していた。
 2月は13日午前10時~正午。軽食はこいも御飯と肉だんご汁。申し込み不要。

写真=多くの市民で賑わうサロンの様子(1月9日)