ブラジルのいま ドキュメンタリー映画で 記録映像作家 岡村さん 上映会とトーク 2月14日、いさざ会館【舞鶴】

ブラジルのいま ドキュメンタリー映画で 記録映像作家 岡村さん 上映会とトーク 2月14日、いさざ会館【舞鶴】

投稿日時:2016年2月2日

ブラジル在住の記録映像作家、岡村淳さんが製作したドキュメンタリー作品の上映会が2月14日、舞鶴市引土のいさざ会館で開かれる。岡村さんが来鶴し自ら選んだ子供たちも楽しめる作品を紹介し、トークライブを行う。来場を呼びかけている。
 岡村さんは、日本映像記録センターが製作に関わった日本テレビ系列の「すばらしい世界旅行」「知られざる世界」の番組ディレクターを務め、主に中南米を取材した。1987年にフリーになってブラジルに移住し、環境問題などをテーマにした作品を作っている。
 重度障害者の訪問介護事業を行うNPO法人ココペリ121の文化イベントを担当する舞鶴市在住の阿辻まり子さんが、舞鶴では見る機会の少ないドキュメンタリー映画を観てほしいと企画した。京都市内の古書店での上映会で岡村さんと知り合い、上映への協力を得られた。
 上映会は午前11時から。「ナメクジの空中大サーカス」(25分)、「アマゾンの巨大ダム建設と野性動物救出作戦」(同)、「60年目の東京物語~ブラジル女性移民の里帰り~」(36分)を上映する。午後1時から岡村さんのトーク。参加費は暖房費300円と岡村さんへのカンパ。小中学生は無料。
 前夜祭として2月13日午後8時から同館で岡村さんにブラジルの話を聞く会を開く。参加費800円(暖房費300円と軽食500円)。【問い合わせ】電話090・5885・9932、阿辻さん。