パワフルな演奏で心元気に 2月14日 盲目の山下純一さんコンサート【舞鶴】

パワフルな演奏で心元気に 2月14日 盲目の山下純一さんコンサート【舞鶴】

投稿日時:2015年2月10日

1502102

目が不自由で車椅子に乗るミュージシャン、山下純一さん(39)のコンサート&トークが、2月14日午後2時から舞鶴市女布の城南会館で開かれる。障害にめげず心を元気にするブルースとジャズを、歌とハーモニカでパワフルに奏でる。入場無料。
 京田のマットレスなどの製造販売会社「パシフィックウエーブ」が、設立20周年を記念して、地域への感謝の気持ちを表そうと企画した。
 山下さんは2歳で若年性間接リュウマチと診断され、小学生から車椅子生活を送る。大学進学後に失明し、さらに右肩が上がらなくなりドラムが出来なくなったが、ハーモニカを演奏してバンド「珍獣王国」を結成した。
 32歳で左耳が聴こえなくなり、3度の手術を経て音楽活動を再開。独自のハーモニカの演奏法を編み出し、2009年の全国障害者ミュージシャンのコンテストでグランプリを受賞、13年にはグランドチャンピオンを獲得した。同じく目の見えないミュージシャンであるスティービーワンダーともセッションを行なった。
 コンサートの問い合わせは同社(電話75・8688)

写真=ハーモニカを奏でる山下さん