バザールタウン舞鶴 免税カウンター開設 外国人観光客増加に対応 食品売り場も改装【舞鶴】

バザールタウン舞鶴 免税カウンター開設 外国人観光客増加に対応 食品売り場も改装【舞鶴】

投稿日時:2015年3月24日

1503242

伊佐津のショッピングセンター「バザールタウン舞鶴」(田中守店長)は、最近増えているクルーズ船の乗客に対応しようと、外国人観光客向けの免税カウンターを開設した。同社の70店舗で免税店は初めて。
 外国クルーズ船の舞鶴西港への寄港に伴い、市内で観光する外国人乗客が増えてきた。同店でも買物などに訪れる人も見かけるようになってきた。今年も今月から9月まで8回の寄港が予定されている。
 店舗入口に免税の対象商品や売り場コーナーなどの説明を英語、韓国語、中国語など4カ国語で書いた紙と専用の買い物かごを置いている。レジで精算した後、免税カウンターで商品とパスポートを持参し、電化製品などの一般物品、食料品などの消耗品などに分け、消費税が免税される。レジでは中国の銀行カードによる支払いもできるようにした。
 このほか食品売り場の改装もした。惣菜コーナーは24種類の和洋の惣菜から、好みの量を自分でとることができるバイキング方式にし、スタッフが料理の提案や試食を提供しレシピも備え付けたクッキングカウンターも設けた。
 また、サービスカウンター前にはシックな内装のカフェコーナーを作り、店内で購入した商品を食べることができる。


写真=新たに設けられた免税カウンター