ネズミの造形植木を設置 舞鶴同志の会 赤れんがパークに【舞鶴】

ネズミの造形植木を設置 舞鶴同志の会 赤れんがパークに【舞鶴】

投稿日時:2013年4月2日

1304023

NPO法人舞鶴同志の会(遊里道正利理事長)が、ネズミの形をした造形植木(トピアリー)3本を、北吸の赤れんがパークにこのほど設置した。今後は苗木を増やし、市民とトピアリーのあるまちづくりに取り組みたいとする。
 市の赤れんがまちづくり活動サポート補助金を受け、文庫山学園下の赤れんが倉庫前の緑地に植えた。キンメツゲの樹木を業者がネズミの形に剪定した。今後は同会メンバーが手入れなどを続ける。
 同会理事の橋本康弘さんは「市民と一緒に3年計画で苗木を増やし、市内各地に植えたい」と話している。

写真=設置されたネズミの形のトピアリー