ナマコのサプリをどうぞ 「磯のや」舞鶴産使って4年かけ開発【舞鶴】

ナマコのサプリをどうぞ 「磯のや」舞鶴産使って4年かけ開発【舞鶴】

投稿日時:2011年1月14日

1101143
写真=商品化したサプリメント

引土の水産加工業「磯のや」(田中史朗社長)がこのほど、舞鶴湾産の青ナマコを使った健康補助食品(サプリメント)「漁師の子(なまこ)聚楽(じゅらく)」を開発し販売を始めた。ナマコから抽出したコラーゲンを含んでいる。  遊漁船の運航やナマコ漁などを営む田中さんは、ナマコが昔から滋養強壮や美容にいい食材として食べられていたことに注目。漁期(11月~3月)が決められ旬の食材だが、加工して付加価値をつけていつでも気軽に食するサプリメントとしての開発を思いついた。  近畿大学工学部生体分子工学研究室(渡邉義之准教授)と共同で実験を行い、コラーゲンの抽出とナマコの成分比較を行い、「高タンパクで低カロリー」な食品であることをつきとめた。さらに、府と市、産官学の研究会のサポートも受け、約四年をかけて製品化にこぎつけた。  商品は1瓶150粒入り(52・5グラム)で、原料として活ナマコ約1キロを使用している。舞鶴湾で獲ったマナマコを乾燥させ、宇治市の製造会社で粉末にして粒状にする。田中社長(61)は「舞鶴のナマコのよさを伝え、もっと食べてもらえる機会にもなれば」と話す。  1瓶8,190円(税込み)。市内の薬局やネットで販売中。今後は商社と提携し海外での販売も検討している。

【問い合わせ】電話75・0705、同社