ドライブウエー沿いに「花のお地蔵さん」 舞鶴東RCが五老岳の「花回廊」づくり【舞鶴】

ドライブウエー沿いに「花のお地蔵さん」 舞鶴東RCが五老岳の「花回廊」づくり【舞鶴】

投稿日時:2009年5月12日

0905122

舞鶴の観光名所・五老岳の「花回廊」づくりに取り組む舞鶴東ロータリークラブ(山元勉会長)は5月10日、ドライブウエー沿いの通称・お地蔵さんロードに建立した地蔵像をお披露目した。「花のお地蔵さん」と命名され、五老岳の観光振興と交通安全を祈願する。「花のお地蔵さん」は、五老岳の国道27号線の登り口から500メートルのドライブウエー沿いに建立された。地蔵像は像高約60センチの御影石製で、高さ約20センチの台座の上に安置されている。可愛い地蔵が合掌する姿となっている。また、童謡「見てござる」の歌詞を書いた看板も設置された。「花回廊」づくりは、同クラブが舞鶴ロータリークラブと共に、社会奉仕活動の一環として、2000年4月から始めた。2年前に市民グループ「花回廊を育てる会」(西村敏弘代表)が引き継ぎ、これまでに山頂へのドライブウエー沿いや山頂の散策路、近畿自然歩道沿いの全長6キロに、レンゲツツジ4000本を植樹した。お披露目には、花回廊を育てる会のメンバーらが参加。僧侶がお経を唱えるなか、線香を手向けた。

写真=建立されたお地蔵さんに手を合わす子供たち